スタジオ石

日本一の桃の里、山梨県一宮、、向かう先は、、スタジオ石!!
映像作品からデザイン等、幅広く活躍する彼らのアトリエ初潜入♪

オフシーズンの桃畑、ぶどう畑の間をのんびーり走り抜けつつ、、

鉄材を溶接して作られた神輿!!赤錆と枯れた風景が味わい深い一品。
スタジオ石・チーフディレクターMMM氏、学生時代の作品が鎮座!!


、、忍者屋敷の気分で階段を上がって行きますと、突如広がる異空間。

類希な雰囲気のアトリエ、スタジオ石。地元に根を張る発信源。
これからもどのような展開を見せてくれるのか、、楽しみです!!

甲州街道の先に沈む太陽と、、スタジオ石に感謝!!チャオー!!

 


WATT a.k.a. ヨッテルブッテル / Shikou品

諭吉レコーズより今月中旬に発売された、素晴らしき作品集、、、
WATT a.k.a. ヨッテルブッテル / Shikou品
今回、こちらのジャケットデザインを相棒のフェイちゃんと共に担当。
ワット氏の雰囲気、そして内容をシンプルに表現しました。
原チャリは、もちろんワット氏の私物、彼の日常の行動半径を撮影、、
写真と歌詞を盛り込んだ爽快白青、紙包装デジパック仕様です ^ ^
必要最低限、シンプルにレイアウトされた構成、、内容に隣り合う
写真、、歌詞を眺める。、、最高の時間!そこでしょ!!
ジャケ制作初っ端、、霧に包まれた夜明けのドライブ、ぼんやり青白い
風景と、カーステから流れる「 Shikou品 」の超絶フィーリング、、。
あの時の気持ちを源に進行、、想像から完成までのジャケ制作は毎度の
事ながら最高にイイ時間♪
自宅兼スタジオで丁寧に磨き紡がれた、ヨッテルブッテル的世界、、。
じんわ~り効いてくる内容、外装共に、、是非ともご賞味あれ♪

Shooted by KANE  / Art Direction,Design&Layout : 246GRAPHIX


WATT a.k.a. ヨッテルブッテル OFFICIAL BLOG

 
 


EDEC

" NATURAL MINDED "
– ONE DAY EXHIBITION –
  EDEC from INKHEADS
グラフィティ・クルーとして名高い " Inkheads "の創始者であるEDEC。
麹町画廊での来日ワンデイ・アートショウ、現場へ直行 ! !
クローズぎりぎりで滑り込みセーフ(汗)やはり、良い作品は生で見るに
限ります。人気の引いた会場の雰囲気も、これまたまたよろし♪

自由で躍動感溢れる、遊び心に満ちた素晴らしい作品、これぞHIP HOP ! !
描かれる線、色がまるで音のグルーヴのように弾けます♪


H I P !

H O P ! !

H I P !

H O P ! !

" NATURAL MINDED "   – ONE DAY EXHIBITION –  @麹町画廊
 

Shizentomotel × HITOTZUKI

昨日六本木ヒルズ・アリーナにて開催されたワンデイ・イベント
 BURTON RAILDAYS  。今回必見、スノーボード用特設ステージの
ペイントを手掛けたShizentomotelHITOTZUKIの作品。
デカい作品は生で見るのが一番!!間に合うか?!現場に急行~!!

イベント終了直後、ギリギリで会場に到着(汗)会場の大掛かりな
セット、敷き詰められた人工雪、そして作品に圧倒されました!!

撮影する間もなく照明が消えて行き、会場も急ピッチ撤収モード(汗)
見る見るうちに搬出作業は進み、さっきまでの光景は夢の痕、、。
もっとゆっくり見たかったけど、11月の六本木、楽しい時間に感謝♪

PEAK HOUR!!
 


ヨッテルブッテル!!

SD JUNKSTAのリリースから間髪いれず、諭吉レコーズより記念すべき
1st ALBUM をリリース!!おめでとうございまっす!!(拍手~!!)
WATT a.k.a. ヨッテルブッテル / Shikou品
ひたむきに音楽と向き合い、削りだされる繊細且つ精巧な作品集、、、。
どこかレイドバックしたヨッテルブッテル氏の表現する世界観とは?!
作詞、作曲、録音まで、自宅兼スタジオで作り上げて行く様が映像化!!

WATT a.k.a. ヨッテルブッテル OFFICIAL BLOG
深みあり危ないよ!!
 


SD JUNKSTA / OVERDOSE NIPPON

11月1日、今年下半期の問題作、、遂に全国発売!!
SD JUNKSTA / OVERDOSE NIPPON "
様々な意味合いでオーバードーズする日本。相模川の畔から腰履き
若中年達の戯言をパックした渾身の2NDアルバム!!
今回はこちらCDジャケットのアートワーク、制作過程のお話。
見開き三面のアートワークの原画は 45cm×120cm くらいの鉄板に
描かれています。制作にあたっての最初のキーワードは見開き三面を
使い、< 手描きのアートワーク > のみで完結させる事でした。
紙ジャケット三面にはめ込む一枚のアートワーク、、、。
ここまで簡潔なジャケット構成、昨今珍しいと思います。^ ^
SD JUNKSTAのレターは日本を象徴する紅白で描き、下段の
タイトルはOVERDOSE NIPPONの提唱者、OVERDOSE氏に
直筆で清書してもらいました。
要所要所に描かれた妖怪達は、本作品に登場する面々、、、。

Artwork by KANE with OVERDOSE / Design & Layout : 246GRAPHIX
中央岩場上には、初期からのメンバーである三人。想像の源流、、。
三つ目の緑頭はNORIKIYO。アルバム制作でのリーダーシップ、
すべてを見渡し掌握する、頼れる兄貴的なイキフン。^ ^
後ろでヨレ気味のダイダラボッチがBRON-K。レコーディング時の
欠席MVP 、霞の中を彷徨います。w
日の下で手を振りかざすガマガエル、、TKCがここぞとばかりに
騒いでいるケロ!!
今回のタイトル " OVERDOSE NIPPON " を提唱してきた男、、
水面から顔をだす河童さんはOVERDOSE氏だ!
ど真ん中に転がる髑髏は諭吉レコーズ代表取締役、、DJ ISSO!!

左面、不穏な雲の間から現れるネコ科のデカい手、、OJIBAHニャ!
その後ろにそびえる阿夫利山のKYNも異常気象に戸惑い気味です。w
左隅から顔をだす「毛羽毛現」は映像監督としても活躍するSITE

右面、月光を見つめる一つ目の狼は、WAX!! さあ、今宵は満月、、。
暗闇の中、橙色に輝き現場を見渡すDJ DEFLO、大荒れのスピン!!
雷鳴を鳴り響かせて、​鳳凰は稲妻と共に、、上記の猛者達の世界観を
総合的にプロデュースしたBACHLOGIC
今回のアルバムの主役達が一堂に会す平成二十五年オーバードーズ日本。

見開き三面、紙ジャケット仕様の裏面のアートワークはOVERDOSE氏。
散りばめられた愉快な世界へようこそ♫ 
以上が、今回の登場キャラクター、パッケージに込められた意味合いです。
当初の予定から紆余曲折、変更を重ねながら完成したアートワーク、、。

インディレーベルとして作品をリリースし続ける諭吉レコーズ、最新作、、
SD JUNKSTA / OVERDOSE NIPPON "
アラサー野郎の喜怒哀楽を詰め込んだ現代の日本を象徴する一枚!!
ダウンロードでは味わえない、、手に取る喜びが味わえる傑作です!!^ ^
                                                                                           KANE
STAY DOPE!!
 


MOZ¥SKEY In ZAKAI

小田急線町田駅北口より徒歩五分、ZAKAI にて開催中!!
" MOZ¥SKEY In ZAKAI "
店内の至る所にディスプレイされた、MOZ¥SKEYの作品達。
アンティークな照明やオーナメントと共に、見れば見るほど
深みがあり妖しい空気が充満していて、、危ないですよ!!


カリグラフィを彷彿させる独自のスタイル、存分に堪能だ!!

奥の棚には、作品にちなんだウェアーも豊富に揃います。

大型パンフレット形式での写真作品も見応えヤバし!!

安全だけどある意味危険すぎなクッション、、取り扱いに注意!!
・MOZ¥SKEY In ZAKAI  
 11.9 <sat>~ 11.17 <sun>  13:00 ~ 21:00
 ZAKAI HEADQUARTERS
 東京都町田市森野1-35-4 TMビル 2F
 042-860-6294
 
PEAK HOUR!!