It ain’t nothing like Hip Hop

いよいよ今月末にリリースされるノリキヨのNEWアルバム “Bouquet” から “It ain’t nothing like Hip Hop” のMVが先行して公開!!訳すと「やっぱHIP HOPしかねえっしょ!!」てなニュアンスになるみたいです。
時を経ても変わらない、ブレない何か、、。NEWアルバム”Bouquet” 発売に先立ち公開されたノリキヨの決意表明ともとれる新曲 “It ain’t nothing like Hip Hop” 。こりゃあアルバムへの期待も高ぶりますね〜!!
.


NORIKIYO “It ain’t nothing like Hip Hop”

.
.
PEAK HOUR!!

.


OJIBAH INTERVIEW

残暑真っ盛り!!ピークアワー!!皆さんいかがお過ごしでしょうか~!?先日の8月11日にラッパーの OJIBAH氏が、本人初となる配信限定でのシングル「 A 」と「 B 」を2曲同時リリース!!更に配信シングルと平行して ” How’s tha weather? ” EPも、CD盤がZAKAI にて限定発売。
今回のプロジェクトでは、246GRAPHIXとして自分も配信画像ジャケットの制作で参加しました。
そんなこんなでリリースに至るまでの経緯、曲にまつわる思いなどを発売直後のOJIBAH氏に伺ったショートインタビュー、それではどうぞ~!!

<細字 / カネちゃん>
– 今回のリリースはどういったきっかけでスタートしたの?

<太字 / OJIBAH>
えっとですねぇ、しばらくブランクがあったんですよ。で、少し前にWAX君のアルバム “YEAH” で客演したんですけど、そこで火がついて、、。その矢先、ふとツイッターを見てたんですよ。そこで海外のトラックメイカー、 THE A3 ていう人が新曲をアップしてたんですよ。それがヤバくて。何年か前から彼とはやり取りしてるんですけど、、今まで聴いた中でも一番ヤベえ!!ってなっちゃって。音の展開がすごくて、階段を昇っていくような。速攻リリック書いたらザクザク書けちゃって。

– 最初にやり始めたのは「 A 」と「 B 」どっち?

「 A 」ですね。トラックの展開も多いんで書き直したり、そこにアジャストさせるのが苦労しましたね。そのタイミングでもう一回、トラックメイカーの THE A3 の他の新曲を聴いたらもう一個、超ヤベえのがあって。それが「 B 」すね。すぐにフックのメロディ降りてきてリリックもすんなり書けて。

– 「 A 」はどういった事をラップしてるの?


OJIBAH / A 【i tunes限定配信シングル】

「 A 」では目に見えるもの、物質的な物、お金に捕われてる自分の事だったりとかを歌って、フックでは逆に「目に見える物が全てじゃないんだよ」、っていう事を歌ってます。

– 「 B 」は?


OJIBAH / B 【i tunes限定配信シングル】

「 B 」は内面ですね。目に見えないもの。例えば、人の気持ちって目では見えにくいものじゃないですか。表現したらそれは目に見えるけど、、内面の気持ちの部分を歌って、フックでは「現実から目を逸らしたらダメだよ」、っていう事を歌ってます。

– 2曲で1個なんだね。

そうなんですよ。目に見えるものと、目に見えないもの。「 A 」と「 B 」で完結する話ですね。あえてタイトルがこうなのも、その無機質さに面白味を感じちゃって。「 A 」と「 B 」って分かりやすいじゃないですか。リスナーも自由に感情移入しやすいかなと。

–  ジャケ制作するにあたって今回の配信される2曲を繰り返し聴いてさ、俺も「内」と「外」的な雰囲気をそれぞれの曲から感じて。撮影したオジヴァの写真を軸に、それぞれの曲の音の波形画像、書き殴られたリリック帳の断片を構成して「A」と「B」の雰囲気を画像ジャケで表現したんだ。
オジヴァは配信されてる曲を買ったりする?

しますね。

– 最近配信で買ってお気に入りのアーティストとか曲は?

MAJOR LAZORの「 LIGHT IT UP 」っていう曲ですね。宇多田ヒカルの最近出たシングル「 真夏の通り雨 」っていうのと「 花束を君に 」とか。結構色々買ってますね。そういうのもあって、自分も今回配信で出してみようと。
.

.
– 今回の配信2曲とは別に、CD盤でZAKAI限定発売の “HOW’S THA WEATHER?” も同時リリースしたね。EPのタイトルにもなってる ” ハウズザウェザー? ” は凄くリラックスした雰囲気が気持ちいい感じで、、そこからEP全編を通して普段のオジバの生活感が見えてくるような。「あの曲のインスト使ってこういうラップするんだ!」っていうノリとか、客演で登場する皆も、MIX TAPE的な面白さあるよね。


OJIBAH / HOW’S THA WEATHER? EP 【ZAKAI限定発売】

.” ハウズザウェザー? ” は今回のプロジェクトの中で一番最後に録った曲なんですけど、スタジオで作業終盤にもう疲れちゃってて、それで録ったんですけど、、尽き果てる直前の感じで録ったら綺麗に出来たっていう。
配信の2曲はお店で食べる料理、CD盤のEPは家で食べる料理、っていうのが分かりやすいと思いますw
7月頭に「 A 」のトラックに出会って。そこから配信の2曲が出来て、その後にまだ物足りなくって勢いでEPも作って。7月の一ヶ月間にカツカツのスケジュールで進めたんで、急遽今回のプロジェクトに関わってくれた皆様には本当に感謝です。皆さんのおかげですね。

– 夏の勢いをパックした今回のプロジェクト、配信シングルの2曲は i tunes で、EP盤は ZAKAI で購入出来るという事なので是非チェックしてみて下さいね~!!
.

 

.
STAY DOPE!!

.


Hey DJ

思い出す、、。当時HIP HOPに興味を持ち始めたばかりの高校生だった90年代中盤、、。”Hey DJ” を初めて聴いた時の衝撃、今こうして聴いても脳裏に焼き付いた当時の記憶がフラッシュバックする、、。2人組のラッパー Lighter Shade Of Brown の片割れ、DTTX の訃報を知った梅雨空の今日。合掌、、。

 

 

PEAK HOUR!!
.


Kool&The Gang @Blue Note Tokyo

計り知れない影響力と認知度数、BLACK MUSICの大御所バンド “Kool&The Gang” が来日!!期待に胸を躍らせながら、、Blue Note Tokyo にて念願のショーを体感!!

BASS担当の “Kool” 率いるThe Gangのメンバーはオリジナルメンバーでは無かったみたいだけど若手のボーカルもバンドメンバーも皆ギラギラしてて、全員揃ってステップ踏みまくってるノリが最高にファンキー!!

自分は HIP HOP のサンプリングから彼らの楽曲をインストールした世代だったので、そういう意味でも色々と感慨深かったし、会場の Blue Note Tokyo で観客の皆をほぼ全員スタンドアップでノリノリにしてしまうパーティー感がひたすらにファンキーでフレッシュ、ブロックパーティー的な路上の雰囲気っていうか、、HIP HOP にも通じる刺さってくる感じ、最高でした。

自分の中で指折りの神曲、”GET DOWN ON IT” もライブセットならではのロングバージョンで炸裂したし、ズボンの下に防寒の股引はいてたのもあって熱くなりすぎてめっちゃ汗かいたけど、、お構いなしに最初から最後までノリにのせられた最高の一夜!!

下の映像は今回とは別の場所で規模も違うけど、ライブでの一体感、空気感はこんな雰囲気でした。”Kool&The Gang” 素晴らしいショーをありがとう!!

 


.
.

PEAK HOUR!!

 


千日回峰行

先日の某バラエティ番組に出演して視聴者を驚愕させた塩沼亮潤氏。千日回峰行、四無行、大阿闍梨(だいあじゃり)、、聞き慣れない言葉の数々に裏打ちされた修行と、塩沼氏の柔らかな物腰に只々唖然としました。

神道の観念は自分の根底にありますが、宗教、宗派などに対しては全くの無頓着。そんな自分にも塩沼氏のお話は非常に興味深く、素直に心を打たれたのであります。細かい事はさておき、興味のある方は是非下記の講演映像を御覧下さい。

.


.
.
PEAK HOUR!!

 


ブッダの休日

陽射しの眩しい五月晴れのゴールデンウィーク、仕事に遊びに
皆様いかがお過ごしでしょうか?!
久しぶりのブログ更新、スタジオ・ピークアワーでは連日連夜
次なるステップに向けて大忙しの毎日でございます!!
そして今日届いた、ILLの伝道者、"DEV LARGE"氏の訃報、、。
久しぶりにアルバムを聴きながら、曲と共に十代の頃の様々な
記憶が鮮烈に蘇る、、。

空眺めながら「ブッダの休日」、、。ご冥福をお祈りします。

STAY DOPE!!