バベちゃん INTERVEW

彼の名はバベちゃん、レップする愛車259CORSAのオーナーである。今回の
PEAK▲HOURフライヤーで、モデルとして登場してくれたバベちゃんとは?
そんな彼の考えや価値観について聞いてみました。バベショートインタビュー
それでは行ってみましょ~!!


バベちゃん × PEAK▲HOUR
<細字 / カネちゃん>

– まずは、お名前伺っていいですか?
<太字 / バベちゃん>

バベちゃんです。普段は整備の仕事しながら、愛車のコルサをいじってます。
– 愛車のコルサね。カッコいいね~!!この車種が好きなんだ!?

TOYOTA CORSA
 
今23歳なんですけど、免許とってすぐ後に色々乗りたい車はあったんすけど
その中でもこれがピンと来たんですよね。
自分の世代で乗ってる人があまりいない、っていうのが当初の一番の理由で
セダンでマニュアルもあるし人気ない分安いってのと直感でかっこいいって
思ったのもあって、総合的にコルサです。
今乗ってるのが2台目でコルサ一筋です。北米仕様でアメリカでも走ってる
のもポイントですね。
– 北米仕様って何なの?
 
ライト周りだったり色々細かい部分がアメリカの基準で出来上がった日本車
です。同じ車でも国内モデルと北米モデルは雰囲気が違う。かっこいいんす。

– バベちゃんのコルサも随所、北米化されたりしてるんだね。ベンツ感とかw
車が好きになった切っ掛けはあったの?

 
父親も爺ちゃんも車好きで。改造とかはしないですけど、ある程度の周期で
絶対に新車で買って大事に乗るんですよね。自分が小さい時もディーラーで
車のカタログとか凄い見てました。
それから中学一年の時、友達の家でその母親がEMINEM聴いてて、いいなっ
て思ったんですよね。そっからTSUTAYAで50CENTのアルバム借りたり、
色々ヒップホップ聴くようになったすね。

高校1年の時に見たCUSTOM LOWRIDINGっていう雑誌でグラフィティの
特集が載ってて、それに載ってたKANEさんの絵見てトバされたんすよ。
その後に今度はラジオでNORIKIYOさんの曲がたまたま流れてて、それも
カッコ良くて、気になってた人達が全体的に繋がって、SDPかっこいいっ!!
てなったんですよ。


バベちゃん思い出の雑誌 / CUSTOM LOW RIDING / 2006
 
– なるほど、そういう流れが今のノリに繋がるんだね。自分の車でお気に入り
のポイントは?

 
リアバンパーのタギングですね。
 
– そこなんだ~?! 前にたまたまお店で会った時に頼まれて書いたんだよね。

 
パーツ取り寄せたりなんやかんやしますけど、あれは売ってないですからね。
その時に書いたモノだし完全に1つじゃないですか。大事な部分だし自分が
乗るコルサに絶対必要な要素です。

 
– ペン一本でそりゃこちらもありがたいすね~。バベちゃんにとって車の魅力
って何?

車好きですけど、好きっ!!て言う感じではなくて、自分の体の一部みたい
な気持ちなんで、自分が風呂入るのと一緒で洗車して飯食うようにガソリン
を入れる。車は自分すね。愛車は自分す。でもまだまだです。わからない所
も多いんで。もっと一体化したいです。


– 愛車の話すると終わらなそうだねw バベちゃんはPEAK HOURって言葉から
何を連想する?
いい事でも悪い事でも極端な感じですかね。この間仕事中に車でカマ掘られて
それは逆ピークアワーでしたねw
仕事終わってプライベートでコルサに乗ってる時が最高潮、ピークアワーすね。
 
– 仕事に遊びにこれからも全力すね、今度コルサで適当に流しに行こうよ!!
ありがとうございました!!(握手)
STAY DOPE!!

 

"Great The Kabukicho" 写真展

グレート・ザ・歌舞伎町 写真展 "Great The Kabukicho"
写真家のグレート・ザ・歌舞伎町氏の写真集の発売を記念した写真展が
今週末より開催されます!!
歌舞伎町氏の写真の世界観にぶっ飛ばされているファンの一人として、
今回の写真集発売は楽しみで嬉しい限りです。
日本ははもとより世界各国、様々なロケーションを生々しく切り取った
写真の数々は見応えありそうでとっても楽しみ!!新宿、渋谷にて同時
開催ですのでお見逃し無く~!!以下インフォメーションを参照で!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本展では新作の写真集「Great The Kabukicho」の収録作品を中心に
膨大な作品数ゆえに2会場を使用し、会場ごとの特徴を活かした写真展
を開催します。
Bギャラリーでは200点を超える多数の作品、トーキョーカルチャート
byビームスでは大判プリントを中心とした作品を展示、販売予定です。
両会場を通して、新作写真集「Great The Kabukicho」を含む、これ
までのグレート・ザ・歌舞伎町の全貌を見る事が出来る写真展になる
でしょう。どうぞご期待下さい。

 

場所 : Bギャラリー(ビームスジャパン6F)

日時 : 2015  725() ~ 812(

         11:00 – 20:00

会期中無休、レセプションパーティーは7月24日(金) 18:00~20:00

住所 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿 3–32-6

電話:03-5368-7309

 

場所 : トーキョーカルチャートbyビームス

日時 : 2015  725() ~ 812(

         11:00 – 20:00

会期中不定休、クロージンググパーティーは88日(土) 18:00~20:00

住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F

電話:03-3470-3251


PEAK HOUR!!
 


東京の路上の表情 / THE PORTRAIT OF TOKYO STREET MIND

来週末より、渋谷の明治通り沿いにある BLOCK HOUSE にて、KAZZROCK氏の作品展が開催
されます。 今回の作品展は、KAZZROCK氏が95年に開催した初めての作品展から20年の節目
という事で、最新作以外にも様々な展示がある様なので、これまた楽しみです。
そして今回そんな節目の記念的なタイミングで私、KANEも作品展示に参加させて頂きます!!
思い出すわ~、95年当時高校1年生だった自分は雑誌の情報を元に右も左も分からない原宿の街
に繰り出して、この時に開催された作品展 "GRAFFITI IS NOT A CRIME" に行ったんですよ。
今でも鮮明に覚えています。中二階がある天井の高いショップ内、大きなキャンバスに描かれた
ピースが幾つも貼付けられていたり、天井から地面にかけて壁面にはフードを被った、どでかい
キャラクターが描かれていて、、夢中で眺めましたよ!!あの時は感動したな~!!
そもそも94年、当時立ち読みした雑誌 FINE の目次ページに載ってたKAZZROCK氏のピースを
見てこれだ!!ってなって、その後行った桜木町高架下のKAZZROCK氏の作品群で落雷レベル
の衝撃を受けたのです。自分もその頃から夢中で描き始めて、まだ始めて間もない中、少ない
情報量の中あちこち動き回ってました。
そこから時は流れて今、今回この作品展に参加させてもらえる事になったのはとっても感慨深い
事なんです。ここ数年は一緒に描く事も多々あり、気がつけばとても気の合う良き先輩です。
今回のメインはあくまでKAZZROCK氏、自分はこのカルチャーに連鎖した次世代として作品を
展示します。そこら辺も加味しながら、、今回の作品展を眺めて頂ければ幸いです。詳しくは
下記の企画概要を参照して下さいね~!!
                                          KANE

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京の路上の表情 / THE PORTRAIT OF TOKYO STREET MIND
 

場所 : BLOCK HOUSE

日時 : 2015  717() ~ 725(
         12:00 – 20:00

         会期中不定休、オープニングパーティーは717日の19:00より

住所 : 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6-12-9(地下1階ギャラリースペース,
          3階カフェバー,4階ギャラリー)

電話:03-6318-2003

 

"BLOCK HOUSE" では、今回グラフィティ・アーティストの KAZZROCK の個展を開催
します。

 

ギラギラと輝く見ひらいた目、口からだらしなく出た舌、眉間にしわを寄せた表情の
キャラクター。しかしどこか愛着のあるこの
キャップやフードをかぶった男の顔。
90年代、KAZZROCK のキャラクター NAUGHTY BOY 道行く人々のTシャツや渋谷の
路地裏、そして横浜の高架下など、街のあらゆる場所にありました。

 

私達が日本のヒップホップやグラフィティが、どんなカルチャーか模索していたあの頃、
KAZZROCK の描くキャラクターの表情や態度、タッチや塗り、そしてフロウとバイブス
がそれを教えて
くれたのは記憶に新しくあります。まさにあの顔は、東京のストリート
を牽引した彼らの顔
そのものであり、90年代という時代を象徴する肖像画なのです。
今回の展覧会では、今でこそ一般化した東京のストリートカル
チャーの創世記を飾った 
KAZZROCK の近年の作品から過去の映像や写真、スケッチなどの資料を展示します。
同時に会期中会場の
4階では、KAZZROCK と造詣の深く、神奈川を中心に90年代から
活動を続けている
 KANE との共同展示も行います。また、KAZZROCK の活動と日本の
グラ
フィティの歴史を振り返るトークショーを開催します。
原宿での初めて開催された個展「
graffiti is not a crime」より20年、90年代を牽引、そして
今なおストリートに挑み続ける
 KAZZROCK の活動の全貌を是非ご高覧ください。

<KAZZROCK>
 

名実共に東京のグラフィティのパイオニア。 LAのグラフィティクルー "CBS" に所属し

そして東京のストリートカルチャーを広く引率した "VANGUARD" の創設者。
ファッションブランド "KAZZROCK ORIGINAL” や、レーシングチーム "KAZZROCK
RACING” 
を立ち上げ、数々の雑誌でのコラム連載、そしてラジオのパーソナリティー
まで幅広い活動をするアーティスト。
そして今日もグラフィティライターやヘッズ達と切磋琢磨しながら、東京のストリート
シーンを牽引し続けている。

<KANE>
 

神奈川を拠点に活動するアーティスト。スプレーならではのタッチやぼかしを駆使した
ダイナミック
で抽象的な表現で作品を描く。
これまでに水戸芸術館や、東京未来科学館などを始め、様々な施設での作品展示、コミ
ッションワーク等も含め、 多くの壁面に作品を描いてきている。
また、246GRAPHIXとしてCD ジャケットデザインを数多く手掛けたり自身のブランド
である PEAK▲HOUR を運営しながら、様々な表現方法で作品や商品の制作に携わる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

<BLOCK HOUSEとは>

東京都渋谷区神宮前に位置するBLOCK HOUSE。この建物は中央アーキという設計事務所
によって設計され、
2012年夏に完成しました。地下1階から地上4階の5フロアで形成され

各フロアはアパ レルショップ "VICTIM" のショップとオフィス、カフェバー、そして2
のギャラリーによって構成されています。この
2つのギャラリースペースでは展覧会やイベント、

ファッションの展示会からライブパフォーマンスまで幅広いイベ ントを開催しています。

BLOCK HOUSE は文化発信する複合型スペースとしてジャンルや業界、組織や集団、人種
年齢の枠を超えて、東京の明日の文化を生み出していきます。

 

深みあり危ないよ!!
 


"PUNCH WORKS" EXHIBITION

7月の夏休みシーズンより、下北沢に程近い隠れ家的なショップ
"CLOZET" で開催される作品展にPEAK▲HOURも参加します。

PUNCH WORKS EXHIBITION "
今回の企画に参加する各々の作品やデザインが、刺繍作品となり
店内に展示されます。刺繍ならではの雰囲気を堪能できる面白い
企画展です。
PEAK▲HOURでは限定商品等も販売予定です。興味のある方は
是非お越し下さいね~!!



" PUNCH WORKS EXHIBITION "



場所 : CLOZET

日時:2015年7月18日(土) ~ 7月26日(日)

   13:00~20:00 ※会期中不定休

住所:東京都世田谷区代沢2-46-4 2F


電話:03-6407-1952


PEAK HOUR!!